エアコン

最近、とても暑い。今日も日中は30度を超えていたようだ。

ここのところリビングのエアコンの効きが悪い気がするので、朝起きてすぐエアコン掃除をした。埃が宙を舞うことが予想できたので朝ごはんの前、なるべく早い時間に済ませてしまおうと考えた。

我が家で使っているのは日立の「白くまくん」という機種のものである。結婚してから購入したものなのでもう5年は使っているのか。

当時、近所のヤマダ電機アウトレット店で購入した。アウトレット店はリサイクル品もあるが、各店舗で売れ残ったものや展示品が回収されて安く販売されている。ここで型落ちのエアコンを安く買ったのだった。

このエアコンには当時流行っていた自動お掃除機能というものが付いている。この機能を見たとき、自動でお掃除してくれるなんてこんな便利なものはないと思った。しかし当然だが、自動お掃除機能があるから掃除をまったくしなくて良いというわけではない。

エアコンの内部にゴミを集める機構が備わっており、これが小さな箱状のスペースに押し込められる仕組みになっていのだが、当然ながらこの箱がいっぱいになればゴミはあふれる。

エアコンのカバーを開けてみるとこの小さなゴミ箱は当然のように埃で溢れかえっていた。

箱のゴミを捨て、はみ出したゴミを集め、フィルターを掃除した。フィルターも目詰まりして真っ黒だった。

 

掃除してしばらくすると、明らかにエアコンの効きが良くなった。これまで最大風量にしてもまったく涼しくならなかったのに、最小風量でも寒いくらいだ。

エアコンの効きが悪いと思ったら(本当はもっと前に、できれば定期的に)フィルターを掃除してみよう。

 

実はこのエアコンは実は去年の夏に一度壊れている。そのときは夫がひとりで住んでいたので暑さで夜も寝られず大変だったようだ。

我が家にはエアコンがリビングに設置されたこの一台しかなく、これが壊れてしまったらかなりまずい。

 

さらに、現在夫は週に何日かは在宅勤務なので書斎にもエアコンが必要だと思う。

夫から何度か、USB充電形式の簡易的な冷却装置を買いたいと相談を受けたが、そんな中途半端なおもちゃでは焼け石に水だ。

そんなものに一万円払ってゴミを増やすくらいなら、はじめからエアコンを買ってはどうかと説得し続け、このたびエアコンを新調することにした。

 

早速、オンライン軍師コミュニティで「エアコン購入」チャンネルを作成し、知見を募ってみた。

最近コミュニティで行っている実験は、あらかじめカテゴリチャンネルを用意しておくのではなく、必要に応じて自由にチャンネルを開設できるようにし、用事が済んだらアーカイブするという方式。これがなかなか良い。

これまでは「お金」「キャリア」など、あらかじめ目ぼしいカテゴリを用意しておき、テーマに沿ったチャンネルに書き込めるよう設計していたが、いざ書き込もうと思うとどこのチャンネルが適切か分からなかったり、過去の投稿を参照するときにも見辛かったりすることが多かった。

そこで思い立ったときに都度チャンネルを作成し、終わったらアーカイブする方式に変更してみた。これは少人数のコミュニティだからこそできることかもしれない。

 

今回「エアコン購入」チャンネルでさまざまな知恵をもらい、結局ダイキンの10万円程度のシンプルなエアコンを購入した。

ひとつタスクが完了して良かった。

 

写真は、トイレットペーパーで遊ぶ息子。

 

京野
ばいちゃ!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう