書道

久しぶりに書道を再開している。

幼稚園、小中高と続けていて、大学生になってからだんだんと書かなくなり、社会人になってからはパタリと書かなくなっていた。

しかし、長男の育休を機に再開した。

もともと通っていた教室の先生は、私の一番最初の記憶でもおじいさんだったから、きっと今はもっとおじいさんなのだろう。

ふと、母はいつのまにか師範を取っており、私もこの先生に名前をつけてほしくて師範を取ろうと思い立った。

もともと資格なんてどうでも良いと思っていたけれど、この先生のことを尊敬しており、ご存命なのにこんなことを言うのは不謹慎だが、何か形見が欲しいと思ったのだった。

 

始めてみたら意外と書ける。身体が覚えている。そして楽しい。

先生の書く字は何気なく書かれているようで洗礼されており、自分で書いてみるとその難しさがよく分かる。

なんどもなんども同じ字を書く。そうすると自分の字もだんだんと洗練されてくる。

同じ字をなんども書くなんて、そんなの意味がないんじゃないの、なんの役に立つのよと思われるかもしれないが、そういう意味のないようなことの方が、今の私にとっては意味深い。

 

弟も昔から私と一緒に書道教室に通っていたが、最近再開した。私と弟のふたりとも、母の門下生という形だ。

母と弟と私と、同じ課題の字を書いてみると、それぞれ個性が出ていて面白い。

同じお手本を見ているのにどうしてこうも違う雰囲気になるのか、と不思議に思う。

 

書道はひとりでできるのが良い。

そしてときどき、同じように好きでやっている近しい人同士でいいねと褒めあったり、ここはもっとこうしたらいいんじゃないかと談義したりする。そういう感じが自分には合っている、と感じる。

 

 

写真は、息子の幼稚園のお弁当に入れた卵焼き。今日は上手にハートが作れたので嬉しかった。

 

京野
ばいちゃ!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう