ホットクックひとつでボンゴレビアンコを作ろう!

こんにちは。京野です。

スーパーに行ったら活あさりが売っていたのでなんとなく買ってみました。

家に帰ってから「そうだ!ボンゴレビアンコ作ろ!」と思いつたのですが

白ワインがない!

ということで、鶏ガラスープの素で代用して作ってみたんだけどめっちゃ美味しかった。

白ワインがある方は白ワイン50gに置き換えてもOK!

貝のコハク酸の旨味がなんとも言えない幸福感を呼んできてくれます。

京野
冷凍した砂抜き済あさりでも美味しくできたよ!

所要時間

大人2人分(パスタ250g)、お湯から作った場合、スイッチを入れてから13-17分くらいでできあがります。

材料(大人2人+乳幼児)

パスタ乾麺…250g
砂抜きしたあさあり…150g
みじん切りにんにく…大さじ1
鶏ガラスープの素…小さじ1
塩…5g
お湯…550ml
オリーブオイル…大さじ2

作り方

  1. 乾麺2つ折りして鍋に入れる
  2. すべての具材を鍋に入れる
  3. 手動、スープ、混ぜる、4分でスタート
  4. 食べる前にお好みで塩、胡椒を振る

コツ・ポイント

  • 茹でる時に1〜1.5%の塩を入れると美味しいです。
  • にんにくは生にんにくの場合このくらいの量です。

 

 

  • あさりの砂抜きについて

あさりの砂抜きはこちらの動画を参考にしました。ちょっと面倒ですが冷凍OKとのことなので時間のあるときに塩抜きしたあさりをストックしておいても良いなと思いました。

ポイントをまとめておきます。

あさり砂抜きのポイント

    • まず、あさりを水でゴシゴシ洗う。貝についている雑菌は海水に態勢があるので水道水で洗うと良い。
    • ボウルにざるを重ねてその中にあさりを入れる。そうすることで吐いた砂をまた取り込むことを防ぐ。
    • あさりは重ならないように並べること。でないと、上のあさりが吐いた砂を下のあさりが取り込んでしまう。
    • 水はあさりが2/3の半身浴になるくらいの量。酸素を吸ってい生きているので水を入れすぎると息ができなくなってしまう。
    • 塩の濃度は3%、測って入れましょう。(プラス、うま味調味料を入れると良いらしい。)
    • ざるには新聞紙などをかぶせて暗くしましょう。窒息してしまうので密閉はしないこと。新聞紙にはあさりが吹いた水が(雑菌があるため)周りに飛ばないようにする効果もある。
    • 2−3時間おきます。
    • 砂が抜けているのを確認して再度あさりを水道水で洗う。
    • 水を切って更に3時間ほど置くと更に旨味が増すらしい(任意)。
    • ここまでやってようやくできあがり。冷凍してもOKです。

つくれぽ

京野
是非つくってみてね!

関連リンク

  • ホットクックユーザにおすすめのアイテムはこちら

京野の活動を応援しても良いよ!という方は以下のリンクから商品を購入していただけると嬉しいです。

 

  • こちらもどうぞ

では、ごきげんよう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事