スマートリモコンのすすめ

我が家ではNatureRemoというスマートリモコンを使っているんだけどこれが最高なので紹介してみる。

今回は初めて解説動画を作ってみたので良かったら御覧ください。

1発撮りだけど動画って難しいね。

収録終わってから「あ、そもそもこれ言ってないじゃん」みたいになる。(台本用意しろ)

特に自分の中で当然になりすぎている部分の補足が足りない傾向にあるな。

とにかく自分が楽しいと思う範囲で続けてみたいと思う。まずは量をこなすところからかな。

そうすればそのうち質が上がって誰かの役に立てるように育つっしょ。(それを期待したい)

やっぱり誰かの役に立ちたいよね、というのが願いではある。

だけど他人の目を気にしてばかりいると自分らしさが失われてつまんないコンテンツになりさがると思うのでまずは気にしないことにする。

とはいえ、コメントとか質問とかはもらえたら嬉しいな。

ところで、スマートリモコンはリモコンの集約がメリットと言ったけど、最大の恩恵は家中のリモコンがスマホの中に入ることである。←動画で言ってない(おい)

そのことにより、

  • 布団の中からスマホでエアコンつける(部屋を温めてから布団から抜け出せる幸せ)
  • 外出先からエアコンを操作し部屋をあたためる(ただいまの瞬間から部屋が暖かい幸せ)
  • 家を空ける場合に電気をつけたり消したりして存在感を出せる(防犯対策になるかな?)

などといったことが可能だ。

しかしこれ、何をしているかというと、

  • スマホのアプリからインターネット経由でスマートリモコンサーバに命令を送信
  • そこから再度インターネット経由で自宅のスマートリモコンに命令を連携

ということをやっているわけで、つまりスマートリモコン自体がインターネットに接続されているわけだ。

実際、スマートリモコンセットアップの際、スマートリモコンを自宅のWifiに参加させるフェーズがあるだろう。

つまり、悪意のある人がスマートリモコンサーバをハッキングして意図しない命令を送信した場合に、自宅の家電が操作されるリスクを示唆している。

そのため、自宅の鍵や火が出る可能性のあるものなど、自分が家にいないときに発動したらまずそうなものは接続しない方が無難だと思われる。


追加で撮ってみたぞい。

今回動画で解説しているツールはこちら。

Nature スマートリモコン Nature Remo mini Remo-2W1
Nature

他にもAIスピーカ対応の家電が多々販売されているので探してみてはいかがだろうか。

では、ごきげんよう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事