スマートロックのすすめ

我が家のマンションは年季の入ったマンションである。

マンションへの入り口はオートロック化したが、玄関は普通の鍵穴だ。

最近のマンションはカードキーのところも多いのではないだろうか。(私が一人暮らししていたときはそうだった。)

さて、そんな普通の鍵をスマートロック化した話。

一瞬で家の鍵がスマートロックに変貌

我が家は玄関の鍵にセサミというガジェットを取り付けている。

取り付けは簡単。

手のひらサイズのガジェット=セサミを両面テープで固定するだけ。

スマートフォンにセサミアプリをインストールして自宅のセサミを登録。接続はBluetoothで行う。

鍵を締めた状態、開けた状態の角度を記録しておきスマホからモーターを回転させる仕組みである。

スマートロックの便利な点

オートロック機能

オートロック機能を有効にすることで、鍵をかける作業から解放される。

ゴミ捨てなど手が塞がっている場合にも自動で鍵がかかるので便利。

ただし、鍵を持たずに出て締め出されないよう注意が必要。

Apple Watchで解錠可能

Apple Watchで鍵の開け閉めができるのがかなり便利。

鍵を取り出さなくて良い、スマホさえ取り出さなくて良い。

素晴らしいのが、 セサミアプリをApple Watchの文字盤に配置できるという点だ。

いちいちアプリを探して起動する必要がない。

ちなみに、セサミには近付くと解錠、近付いてスマホをノックすると解錠などの機能もあるがあまり正確に動作しないため使っていない。

鍵の複製が簡単

普通、マンションの鍵を複製しようと思ったらお金がかかる。

特にカード型の鍵の場合、管理会社に複製の依頼が必要で、割と高額だ。また、鍵を紛失した場合の弁償も高価だ。

スマートロックの場合、鍵の複製が簡単というのもメリットだ。

例えば期限付きでゲストに権限をつけることもできるし、親に鍵を渡す(権限をつける)こともできる。

ベビーシッターを使うときなどにも活用できるだろう。

履歴が残る

アプリ上に鍵を開け閉めした人の履歴が残る。

アプリをインストールする際ログインが必要となるため、どのアカウントで鍵が開閉されたかが管理されているのだ。

手動で開閉した場合もその旨記録される。

いろいろなスマートロックがある

我が家ではセサミを使っているが、今どきは様々なスマートロックが販売されている。

例えばQURIOというスマートロックはqurio keyという物理デバイスが用意されているため、スマホを持っていない子ども用に持たせることもできる。

欲しい機能に応じてスマートロックを検討してみてはいかがだろうか。

便利すぎて戻れなくなることだろう。

では、ごきげんよう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事