自分がやりたいことをやろうと思ったらまず時間を確保しなければならぬ。

しかし子育てをしていると自分の時間を作るのが難しい。

大したこともしていないのにあっという間にもう夕方だ、と思う日は多い。

日々やるべきことや目の前の子どもに追われてなんとなく1日が終わってしまう。

果たして自分は毎日どんな時間の使い方をしているのだろうか。

それを分析するためにはログを取ることが近道と思い立った。

見える化である。

まずはじめにやったことは手帳の購入の検討である。

しかし本当に手帳を開いて上とることができるのだろうか。

不安に思った私は手持ちのバーチカル手帳(自由に日付が記入できるもの)を使ってログを取ってみることにした。

しかしその不安は的中し、実際子育てをしながらノートを開いてログをとると言う事は非常に難しいということがわかった。

1歳児の相手をしながら机に座ってノートを開くと言うことが全然できない。

机に座らなくても難しい。簡単にペンを奪われてしまう。

そこで私はスマホのアプリで良いものがないか調べてみた。

そこで気になったのがログカレンダというアプリ。

これ良いのがApple Watch‎に対応していること。

予め項目を用意しておき、例えば「家事」を始めたらスタートボタンを押すだけ。

シンプルで使いやすい。

自分の時間と子育てに関わるアクティビティー大まかに2つに分けてカテゴリを作成している。

カレンダーごとに統計情報が取れるので個別に登記を撮りたいものに関してはカレンダーを独立させる必要がある。

私の場合はうんちと睡眠時間を計測したいので別カレンダーとして登録している。

ボタンの押し忘れもあるが大事なのはログを取ることではなく分析と対策である。

また気づいたことがあったらシェアしたい。

では、ごきげんよう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事