WordPressテーマDiverで入力補助「マーカー」を使う
入力補助メニューが増えました

私はWordpressテーマはDiver、レンタルサーバはHetemlを使っています。

Diverのエディタでちょっと混乱したことがあるので整理しておきます。

デフォルトエディタの問題点

記事投稿の時、デフォルトではこんな感じの編集画面になっています。

Diverのデフォルト新規投稿画面

Diverには囲みを作ってくれたりランキング形式での編集をサポートしてくれるなどの「入力補助」という便利な機能があるのですが、デフォルトの編集画面でこの機能を使おうとすると、実は表示されるメニューがちょっと少ないのです。

私は最近Wordpressを使い始めたので知らなかったのですが、現在のDiverは「Gutenberg」という新しいエディターを採用しており、これにまだ旧バージョンの入力補助機能が全部移管されていないとのこと。

Diverの新しいエディター画面

ということは、新しいエディタで使えない入力補助機能を使いたかったら旧バージョンのエディタを使う必要がある、ということになります。

クラシックエディタを使う

これを実現するためには「classic Editor」というプラグインをインストールします。

WordPress5.0以降にクラシックエディターを使い続ける方法

このプラグインを有効化すると、編集画面が旧バージョンのエディタ仕様になります。

入力補助メニューが増えました

マーカー機能を使うために

しかし実はこれだけだと、マーカーの機能が使えません。

そこで、さらに「TinyMCE Advanced」というプラグインを入れます。

TinyMCE Advanced の設定方法と使い方

今回は「cassic Editor」を使っているので、「TinyMCE Advanced」のエディタ設定画面で「Classic Editor(TinyMCE)」を選択し、設定していきます。

「設定」をクリック

ここで、「スタイル」を組み込んでおきます。

「スタイル」を組み込む

そうすると、プルダウンでマーカーが選択できるようになります。

スタイルを選択するとマーカーが選択できる

やったね。

京野
調べてみたものの、このあたりの情報があまりなかったので今回書いてみたよ。

どなたかのお役に立てば幸いです。

では、ごきげんよう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事