家庭で使える溶剤には様々なものがあります。

  1. クエン酸
  2. 重曹
  3. セスキ
  4. 電解水
  5. 酸素系漂白剤
     =過炭酸ナトリウム
     =炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)と過酸化水素が 2:3 の割合で混在してできたもの
  6. 塩素系洗剤

このうち、クエン酸は酸性、その他はアルカリ性で、
強さが重曹<セスキ<電解水<過炭酸ナトリウム<塩素系洗剤 となります。

汚れの種類

基本的には酸性の汚れにはアルカリ性、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤が有効です。

つまり、まずは汚れの種類が酸性なのかアルカリ性なのか知る必要があります。

アルカリ性の汚れ

水垢、湯垢、尿汚れ・尿石、石けんカス、電気ポット内部の汚れ(水道水中のカルシウム汚れ)など硬くこびりついた汚れなど

酸性の汚れ

油汚れ、食べこぼし、手あか、皮脂、生ゴミの臭い、腐敗臭、お風呂の黒カビや赤カビ、黄ばみなどの汚れなど

洗剤の選び方

酸性洗剤

落とせる汚れの種類

尿石や水垢、鉄さびやせっけんカス、お風呂のカビ、台所の除菌・殺菌

汚れに対して即効性がないので、布やティッシュペーパーなどを用いて洗剤を湿布するようにします。しばらく時間を置いてブラッシングすると、汚れが落ちます。ただし、酸性の強いものは、金属をも溶かしてしまうので注意が必要です。鉄をさびさせてしまったり、コンクリートやタイルの目地を傷つけてしまったりすることがあります。さらに、大理石や繊維も傷める可能性があるので、不向きです。

中性洗剤

洗浄力がもっとも弱く、基本的に界面活性剤の働きのみで汚れを落とします。素材に影響が小さく、お肌にも優しいのが特徴です。食器洗剤・トイレ洗剤・お風呂洗剤など中性洗剤は、幅広く利用されています。

アルカリ性洗剤

落とせる汚れの種類

コンロや換気扇・レンジの油汚れ、ガレージの油汚れ、お風呂のカビ、窓ガラスの汚れといった、油汚れやカビ

肌荒れの原因になるので取扱時は、ゴム手袋を着用するなど注意が必要です。強力なものが多く、フッ素コートがはげたりアルミが変色したりすることがあります。傷んだ塗装面への使用もおすすめできません。

æ°´ç´ ã¤ãªã³æ¿åº¦pHï¼ãã¼ãã¼)表

漂白剤の種類について 

漂白剤という観点で見たとき、大きく分けて「酸化型漂白剤」と「還元型漂白剤」に分けられます。

「酸化型漂白剤」は酸素を与えて白くし、「還元型漂白剤」は酸素を奪って白くします。また、酸化型漂白剤は「塩素系」と「酸素系」に分けることができます。

匂いが少なく洗浄力も控えめで家庭でも安心して使えるのが「酸素系」だそうです。

まとめ 

つまり、以下のチャートにあるように水垢などアルカリ性の汚れにはクエン酸を、油汚れなど酸性の汚れに対してはその汚れの強さに応じて重曹、セスキ、電解水を試します。

それでも落ちない頑固な汚れに漂白剤を試します。

漂白剤についてはまず酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を試し、それでも駄目なら塩素系や還元型漂白剤を試す、というのが良さそうです。

衣服に対して使う場合、塩素系、還元型漂白剤については色物には使えません。

また、還元型漂白剤は鉄さびなどに効果を発揮します。

重曹は水に溶けにくいためペースト状にして使うことができる一方、セスキ、電解水、酸素系漂白剤は水に溶けやすいためスプレーして使うことができるなどの特徴もあります。

また、電解水については二度拭きしなくても良いというメリットもあります。

f:id:M_Kyono:20180731205917p:plain
重曹

created by Rinker
シャボン玉石けん
¥339 (2019/10/20 00:50:11時点 Amazon調べ-詳細)
セスキ

created by Rinker
レック
¥457 (2019/10/20 00:50:11時点 Amazon調べ-詳細)
電解水

created by Rinker
ケミコート
¥862 (2019/10/20 00:50:12時点 Amazon調べ-詳細)
酸素系漂白剤

created by Rinker
OXICLEAN(オキシクリーン)
¥910 (2019/10/20 00:50:12時点 Amazon調べ-詳細)
 塩素系漂白剤

created by Rinker
ミツエイ
¥93 (2019/10/20 00:50:13時点 Amazon調べ-詳細)
参考

洗濯・シミ抜き・クリーニングの大辞典

石鹸百科

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事