みなさんは悩み、ありますか?

私は最近すんごい悩んでます。頭から煙が出るんじゃないかっていうくらい。

悩みって2種類あると思っていて、ひとつは「そもそも自分が何に悩んでいるのか整理できていない」悩み、もうひとつは「悩みは明確だが解決策が分かっていない」悩み。

そして多くの悩みは前者だと思うんです。

自分がなぜ悩んでいるのか?何に悩んでいるのか?

悩みの本質が理解できたら自ずと答えが出てくるっていう類の悩みって多いと思うのです。

だから、悩みを言語化するのがすごく大事だって最近強く思っています。

でも、言語化って自分の悩みにもろに向き合わなくちゃいけないから結構しんどい作業だったりします。

ぶっちゃけ、面倒。

今日明日困ることじゃないし、後回しにしてしまうっていう気持ちもすごく分かります。

さらに、いざ悩みに向き合おうと覚悟が決まっても「悩みを言語化」でつまずいてしまう人も多いと思います。

白紙の紙を相手に悩みを書くって結構難しかったりします。

だけど、最近私が悩みの洗い出しに良いなと思っている方法、それは「あなたの悩みをなんでも解決してくれる神様」にメールを書いてみるっていうことです。

神様に正しく質問すれば適切な答えが返ってきます。

質問の内容が曖昧だったり伝わらない書き方をすると答えは得られないわけです。

神様を設定するのがいまいちだったらコーチングを申し込んで、コーチング前に「コーチに自分の悩みを共有する」っていうことをしてみるというのでも良いと思います。

人相手に誤解のないよう伝えようと思うと、自然と正しいニュアンスを模索して何度も書き直すことになります。

この過程でものすごい自分と向き合うことができます。

メールを書き終えた頃には悩みが明確になってすっきりしていると思います。

悩みが明確になれば、そのあとのアクションは立てやすいはずです。

実は最近人に悩みに関するメールを書いていて、言語化する過程で自分の悩んでいることが整理されスーッと道が拓けたように思えたということがありました。

これ、多分電話とかだと発散して終わってしまうと思うんですよね。

だから、悩みについて誰かと話す、コーチングを受けるのも良いんですが、その前に悩みを書いて共有する、その上で話す、というのが良いと思います。

私もまだすべてを乗り越えたわけではありませんが、悩みを言語化するのって大事だなぁと改めて感じたので共有してみました。

是非やってみてください。お互いがんばりましょう。

では、ごきげんよう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事